top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

ジャンプSQ 2013 6月号 一言感想



ジャンプSQ購入しました。普通に4日発売だと思っていたら、2日に発売していたみたいです。
やられました…完全に嵌められました。

6月号作品リスト(※外部リンク)
最近はどこもかしこも乳首、サービスシーンであふれている気もします。

てとくち
河下水希の新しい漫画。いつの間にかGエディションが終わっていたようで、今回は原作付き。
表紙の原作:大崎知仁の扱い少し小さすぎませんかね…
相手の話し方・表情から色々と読み取る男の子、剣の達者な女の子と言う事で分業制度
ある程度はこのまま便利屋やって、それぞれの過去とかと絡めていく話なんでしょうか。
何にせよ先ほど書いたように、一話からまさか…乳首解禁してるとはね…無駄なシーンだと思いますけど。

八重の桜
初っ端からサービスシー…

終わりのセラフ
初っ端からサービスシー…
ちょっと主人公側強すぎよ。そして背景が少ないような?

マリオ
『ナルト』の岸本斉史の新作読切ということで、楽しみにしていた訳です。
流石に読むのが苦になることはなく淡々と読めたけど、読切だと言う事で主人公のサオリへの気持ちが
急過ぎて、ただのマザコン野郎になっていた。サラッと読めたので良かった。




コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


リンク

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。